お知らせ

佐世保工業会 工場視察

2015年9月29日 佐世保工業会より多数の企業及び県市関係団体の方が来社され、
工場見学及び意見交換会が行われました。

s-s-CSC_0850

s-s-DSC_0839

クレーン用遠隔故障予防診断システム”IKNOW-RCMS”開発・運用試験開始

 

弊社はこの度、船舶用クレーンに遠隔故障予防診断システム
“IKNOW-RCMS”を開発し、実用化に向けた運用試験を開始しました。

詳細内容につきましては、下記PDFよりご確認ください。

 IKNOW-RCMS開発・運用≪PDF≫←クリック

この記事は8/21発行の海事プレス、海事新聞にも掲載されております。

 

夏季休暇のご案内

拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら、弊社では下記の期間を夏季休暇とさせて頂きます。
期間中お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。

【 夏季休暇期間 】 
2015年8月8日(土)~2015年8月16日(日)
アフターサービス緊急連絡先:平川高市   携帯Tel:080-6408-9152 E-Mail:t-hirakawa@iknow-m.co.jp
                                         中村孝次郎  携帯Tel:080-6408-9153 E-Mail:kou-nakamura@iknow-m.co.jp

英国情報誌 “Endeavour Magazine 2015年3月号” に広告掲載

Endeavour Magazine 2015年3月号(出版:Littlegate Publishing Ltd)にて、
オープンハッチバルク船社 Masterbulk社 創立20周年特集記事がくまれ、
相浦機械も広告を掲載させて頂きました。

・Endeavour Magazine 2015年3月号 表紙
Endeavour Magazine-March 2015 (PDF)←クリック

・相浦機械記事
AD-IKNOW_P27 (PDF)←クリック

世界最大級の電動クレーン出荷

弊社はこの度、グラブ荷役専用クレーンとしては世界最大級の
純電動駆動の30TON×40M/Rクレーンを製作・納入しました。

本クレーンは石炭積替専用バージ船に搭載され、その積替え能力は
1日4万トン以上で、最大級となります。
この能力を発揮する為、本クレーンは4ロープクレーンを採用する事でグラブハンドリング専用とし、
正味20㎥の石炭を一度に掴め、通常汎用クレーンと比較すると圧倒的な能力で、
旋回半径が30mのところを40m、旋回速度は2倍、巻上速度では4倍もの差があり、
その制御は熱帯地方の過酷な環境下の24時間連続運転を考慮して、完全電動式
として設計されています。
また設計寿命も汎用クレーンの年間稼働時間に比較して、8年分相当と耐久性にも
優れたデッキクレーンです。

相浦機械としてはこの種のバージ向けとしては13隻目の製作となります。
本グラブクレーンは、世界でもインバータ式電動クレーン技術を有する相浦機械のみが
提供できる正に“オンリーワン”技術で実現されたものです。

今回のプロジェクトでも弊社の4ロープ電動クレーンの多数の納入実績が評価され、
採用に至ることができました。


グラブ開閉テストの様子                        40M/Rジブ


クレーンが搭載されたバージ(クレーンは写真右)        バージ搭載後のクレーン